スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会の傍聴のお願い

12月議会、もう始まっています。

「子ども未来・東松山」「放射能から子どもたちを守ろう東松山」は親子関係。
「こども未来」は講演会や学習会をこれまで ほぼ毎月開催してきました。

その「こども未来」で学んだ親たちが「家庭だけで子どもを守れない」
「学校生活や給食のことなど、教育委員会にお願いしたいことがたくさんある」
「署名活動をはじめよう!」ということで、署名活動を展開したのが
「放射能から子どもたちを守ろう東松山」です。

スタッフの多くが、両方の活動を支えているのが実態です。

12月の市議会には「子ども未来・東松山」から請願書を出しています。
★給食の放射能測定のために測定器を購入してください。
★放射能対策をひとつの担当部署で統括してください。
★市民からの大気線量計の貸し出し希望に対応してください。

紹介議員は「岡村議員」さんです(お世話になります)


一般質問は 12/8~12/12(土日は休み)の予定です。
質問内容、質問議員、日時予定などは12/2に確定するそうです。
わかり次第、アップしますね。

また「請願の採択は 12/16」 です。
子どもたちを内部被ばくから守るには、毎日の給食を放射能測定することが
必要です! 
越谷市や坂戸市も、ほぼ測定器の購入が決まっています。



東松山市は、いつまで「セシウム混入の可能性のある給食」を子どもたちに
食べさせていくのでしょうか?

みなさんの目で、賛成してくださる議員さん
あるいは 反対される議員さんを しっかり見届けましょう!

お子さん連れの方は、議会事務局に一声かけてくださいね。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

母親グループの記事

全国紙にて東松山の母親グループの方々が各自で線量計を持ち測定しているとの記事を拝見致しました。
私は東松山の方々の誇りだと思います。
今回の原発事故では、調査すらしないで安全だと言いふらす専門家が何と多かった事でしょうか。
その無責任極まりない発言は、多くの子供達に大きな厄をもたらす事になるかも知れません。
それに比べて東松山の母親グループの方々は自ら詳細なデータを測定して自らの判断で冷静に行動されています。
長い目で見て人道的に称賛される事だと思います。
是非頑張ってください。

ありがとうございます

初めまして。温かいコメントをいただき、ありがとうございます。

町田市のお母様方の活動、すごいですね。今週末に町田を訪問して交流して参ります。
心ある医療者方が、健康調査に協力していただけるようです。

明日の「プロメテウスの罠」に私たち「子ども未来・東松山」の活動が記事になるそうです。どんな風に書いていただけるのか、期待と不安が入り混じります。

請願の行方を見守りつつ「地域でするべきこと」を一歩ずつすすめていきたいと思っています。

応援メール 本当に勇気づけられます。ありがとうございました。

小学校の土1410Bq/kg

初めまして。
新聞で東松山の小学校敷地の土から1410Bq/kgのセシウムが出たことを知りました。
先日学校から局所的に放射線が高い場所を除染した文書が配れていたけど、グラウンドなど広い範囲に1410Bq/kgものセシウムがあるほうが、土が舞って子供への影響は大きそうですね。
土ぼこりに付いた放射能を子供が吸い込んで肺に入ってしまいます。
最近新聞記事で見たんだけど東大の先生が市販の安いマスクでも放射能を吸わないで済むと紹介してました。
今日も風が強いけど、これからの季節、学校では土が乾燥して放射能を含んだ土ぼこりが舞うので本当に注意してもらいたいです。
このまま1410Bq/kgのセシウムが放置されて、もし子供に何かあったら学校には絶対に責任を取ってもらいたい。
議会傍聴にも行って話を聞きたいです。

Re: 小学校の土1410Bq/kg

「風が恐ろしい」様

コメントありがとうございます。
大切な子どもたちに何かあってから「責任を」とってもらっても仕方ありません。
第一、この問題は「広島」「長崎」と同じで「因果関係不明」で、国も東電も
地方自治体も責任をとらない可能性が大なのです。

ですから
被害が出ないように、最大限の予防処置をとるしか、子どもたちを守る道は
ありません。そのために私たちは必死に動いてきました。
鼻血や長引く咳、下痢などお子さんに異変はありませんか?
放射能による被害は、数年・数十年たって わかるものが多いのです。
チェルノブイリ原発事故から25年。子どもたちはガンや白血病だけでなく、
免疫力が落ち、内臓の慢性的な疾患 子どもの白内障など多岐にわたります。

次世代にも影響が及んでいます。

それを繰り返さないように、私たちは「チェルノブイリに学び」リスクを
低減する知恵を広めていかないとなりません。

子どもを守るのは、最終的には「親」です。
学校や自治体が「子どもを守る」方向へ変えていくのも「親の仕事」です。

残念ですが、学校や自治体、国が「命を守ってくれる」状況になっていません。
原発事故を想定しての「危機管理」は、この国にはまったくなかったのです。

福島の、とてつもない線量の中で暮らしている子どもたちを、
今だれが守っていますか? 
郡山など、考えられない汚染状況の中で放置されている
あの子どもたちは、5年後10年後大丈夫ですか?

どうか、事の深刻さに多くの大人が気付いて、子どもたちを
守るために手をつないでいきたいです。どうぞ、よろしくお願いします。

一般質問の傍聴日程 
今回「放射能問題」について質問される議員さんは たったのお二人です。
蓮見議員と 大山議員の 一般質問をどうぞ、傍聴にいらしてください。

また「請願」の採決は 12月16日 午後1時半です。
よろしくお願い申し上げます。

小学校の土1410Bq/kg

管理人様
状況を教えてくれてありがとう。
確かに子供は今までほとんど鼻血を出したことが無かったけど、4月に鼻血が何度か出て口内炎も2,3回出ました。
話を聞いて怖くなってきました。
これからほんとうに大丈夫なのかな。
とても不安です。

熊谷でもストロンチウム検出

新聞・テレビでは まだ報道がありませんが、昨夜 twitter
ネットで 下記情報が出ました。

「NNSA(National Nuclear Security Administration:
アメリカ国家核安全保障局)による大気中のダスト分析のデータ」

なぜか数時間のうちに掲載サイトが続々と削除になっていますが…
下記サイトでは まだ見ることができます。
ストロンチウム始め α・β線核種(?) 相当に広範囲に飛び散って
います。
数年後の子どもたちが心配です。熊谷でも検出されています。

http://satehate.exblog.jp/17164897/


「ストロンチウム 検出地点」をマッピング

http://www.zenkokucyousa.com/

ご確認ください。根拠なく不安がっているわけではないこと。
セシウム以外の、もっと人体を壊す核種(α・β)が 広範囲に
飛び散ってしまったことが 読み取れます。

どうなるのか、事実が少しずつ出てくるに従って
事の深刻さが深まるばかりです。
 
できることは たくさんあるので、
「学んで」「情報を集め」「吟味して」「声をあげて」いきましょう

今後は講演会活動は一段落させ、定期的な「しゃべり場」で
情報交換を中心にすすめていきます。

生活の中で放射能汚染を防ぐ知恵もたくさんあるので、
ぜひ参加してください。
2月の広報誌に「会員募集」出します。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック

http://mamorumatsuyama.blog.fc2.com/tb.php/49-cfd1fd0c

大切なお知らせ

twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

mamorumatsuyama

Author:mamorumatsuyama
「放射能から子どもたちを守りたい」私たちは、子どもたちの被ばくリスクを軽減するために活動しています。
給食食材の放射能測定・園庭や校庭の除染などを、行政(市長・教育長)に要望し、3000通の署名を提出しました。
私たちは政治団体・宗教団体とは、一切関係ありません。
「放射能」というものの恐ろしさ、地震国の日本が原発という発電施設を持つことのリスクを理解しないまま、それを見過ぎしてきてしまいました。その結果、起こった原発事故は世界中に放射能物質をまきちらしてしまいました。被ばくによる被害を一番被るのは、子どもたちと若い世代です。一番責任がない世代こそが、被害の最前に立ってしまうこと、申し訳なさ、後悔の気持ちでいっぱいです。
子どもたちは未来に生きるいのちです。彼らを守るのは、私たち世代の責任です。
手をつなぎ、力を合わせて子どもたちを守りましょう! 
ご意見・情報もお寄せください。

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。