スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東松山市 小中学校ほかの細かい線量データ公表

ブログ更新が しばらくできずに申し訳ありませんでした。

「東松山市の「ホットスポット」調査 及び除染について」
データ一覧が公表されました。

;「子育て支援センターソーレ」1.434μSv/h 除染後は0.136μSv/h  
測定場所は 雨水(集水)桝


「市ノ川小学校」0.827 ⇒ 0.187
「桜山小学校」 0.856 ⇒ 0.198
「東中学校」  0.816 ⇒ 0.168
「白山中学校」 0.670 ⇒ 0.195
「松一小学校」 1cm 0.531 ⇒対応中
「唐子小学校」 1cm 0.441 ⇒対応中
「松山中学校」 1cm 0.314 ⇒0.114
など

市内の保育園・小中学校・児童クラブ・子育て支援センター・公園などで調査し、
続いてスポーツ施設や学校周辺の側溝など、また集会所・自治会館・道路側溝など
の測定を行ったようです。

102施設 971か所に加え、道路側溝122か所も計測しています。

これだけの測定を行ってくださり、ありがたいです。

また、除染基準は「0.23μSv/h」で順次実施中。

_________________________________
この情報は、本日 記者発表されました。
明日の新聞などで、報道があるかと思います。

森田市長 測定してくださった市役所の職員の皆様 ありがとうございます。

公園なども計測していただいていますが、私たち市民が計測した値より
だいぶ低い値です。
公園は どこも広いので、線量が高いスポットを短時間で見つけることが
できなかったのではと想像しています。

今後は、市民がみつけたホットスポット情報が、速やかに担当部署に伝わり、
迅速に除染していただける体制になることを期待しています。

__________________________________

子どもたちの内部被ばくを軽減していくには、給食の放射能測定が必須です。
12月議会に「放射能対策の一層の充実を求める」請願を提出します。
〇放射能対策のセクションの一元化
〇給食の放射能測定器の導入

食品汚染の状況は、刻々と変化しています。
来年は、事故後に収穫された穀物を原料とした様々な食材が流通します。
暫定基準値も、引き下げられることがはっきりしてきています。

子どもたちの口に入る前に「測定して」
水際で防ぐためには「給食センターでの自前での放射能測定」が必要不可欠です。

市内の15歳以下の人口は、1万2000人近くです。
一人当たり、千円の予算で1200万円です。
どうぞ、放射能測定器(500万円程度 半額は国費から補助)をぜひ導入して
子どもたちの健康・子どもたちの将来を守ってください。

心からお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

放射能と健康情報提供のお知らせ

管理人様
はじめまして。へンデルといいます。突然の投稿失礼します。子ども達を守られる活動に心から敬意を表します。
給食の問題は切実です。牛乳の汚染は今後も続くかもしれませんし、山と海の汚染は想像を超えるもので、キノコと魚介類の汚染は進行してますし。それらを使わない給食をと言いたくなるくらいです。とにかく粘り強く交渉してください。
さて、那須塩原放射能から子どもを守る会の会員で健康&写真のブログ”驚くばかりの恵みなりき”の管理人をしています。お母さんがたにお子を放射能から守っていただきたいと思いにかられブログにて健康情報などの提供を始めました。よろしかったらご活用ください。
このところ大分寒くなってまいりました、どうぞ寒さに負けることなくご活躍くださいませ。

No title

ヘンデル様

コメントをありがとうございます。ヘンデル様のブログ拝見いたしました。
お優しい人柄がにじみ出る文章、地域は違うものの、子どもたちを心配し、守っていきたいというヘンデル様の気持ちに、胸が熱くなりました。

議会への請願書の提出などで、忙しい日々だったもので、お礼が遅くなり申し訳ありません。

関東は、もはやチェルノブイリ並みという意見も聞きます。
自分の暮らしている場所の大気線量や、土壌汚染データを何度も読み返しては「小さな子どもを、ここで育てていけるのか?」自問しながらの日々です。
福島県内の親御さんこそ、さぞや不安な日々でしょう。

またヘンデルさんのブログを訪問させていただきます。

ありがとうございました。

トラックバック

http://mamorumatsuyama.blog.fc2.com/tb.php/47-e58ef246

大切なお知らせ

twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

mamorumatsuyama

Author:mamorumatsuyama
「放射能から子どもたちを守りたい」私たちは、子どもたちの被ばくリスクを軽減するために活動しています。
給食食材の放射能測定・園庭や校庭の除染などを、行政(市長・教育長)に要望し、3000通の署名を提出しました。
私たちは政治団体・宗教団体とは、一切関係ありません。
「放射能」というものの恐ろしさ、地震国の日本が原発という発電施設を持つことのリスクを理解しないまま、それを見過ぎしてきてしまいました。その結果、起こった原発事故は世界中に放射能物質をまきちらしてしまいました。被ばくによる被害を一番被るのは、子どもたちと若い世代です。一番責任がない世代こそが、被害の最前に立ってしまうこと、申し訳なさ、後悔の気持ちでいっぱいです。
子どもたちは未来に生きるいのちです。彼らを守るのは、私たち世代の責任です。
手をつなぎ、力を合わせて子どもたちを守りましょう! 
ご意見・情報もお寄せください。

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。