スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK視点論点・弁護士の菅波香織さん「福島の子どもたちは今」

NHK視点論点・弁護士の菅波香織さん「福島の子どもたちは今」
食品の問題、深刻な福島の子どもたちの状況



◇福島の子どもたちは今:菅波香織


1.東日本大震災により、東京電力にて原子力災害が起き、福島と周辺地域が広範に亘って放射能汚染されてしまいました。避難区域を広げる政策が打ち出されずに、多くの子どもたちは、放射性物質が舞い降りてくる中、危険を知らされずに生活させられました。SPEEDIが公開されていれば、そして、その後避難勧告が速やかに出されていれば、被ばくしなくてすんだ多くの子どもたちがいます。放射能汚染が知らされた今、自主避難をする家庭もありますが、避難勧告が出ない地域では、多くは経済的、家族問題など様々な事情から、そこにとどまらざるを得ないのが実情です。

2.現在も、チェルノブイリで人が住めないとされた程、汚染度の高い地域で、子どもたちが普通に生活を送っています。政府や行政、そして現場の学校が「安全」、「直ちに健康への被害なし」と繰り返しメッセージを送っているからです。文科省は、4月19日、子どもの年間被ばく許容量を20mSvとするかの通知をだし、教育現場は混乱しました。不安を持つ親たちや一部の法律家、政治家が、従前の法律では年間の公衆被ばく許容量が1mSvだったこと、年間被ばくが5mSvの放射線管理区域では児童の労働が禁じられることなどを根拠に、声を上げました。当時の内閣官房参与も、20mSvの被ばくを子どもに認めることは、学問上の見地からも、自らのヒューマニズムの観点からも、到底受け入れられないとして、涙の辞任会見を開きました。日弁連もすぐに上記基準の撤廃を求めました。その後、5月27日になって、文科省は、学校での年間被ばくにつき1mSvを目指すとの新たな通知を出しました。しかし、国は動かず現場任せであり、県内の各自治体、そして福島県が、ようやく対応を始めましたが、除染活動や、内部被ばく防止のための措置は、後手に回っており、今この瞬間も、子どもたちが、避けることが可能な更なる被ばくに晒されています。

3.更に、現在、内部被ばくに関して、十分な測定や議論はなさられていません。事故直後、大量の放射性物質が流れ出したことから、住民は、呼気経由で、相当の内部被ばくがされていると考えられます。しかしながら、特に近隣の子どもたちについて、深刻な内部被ばくが予想されるにも拘わらず、未だ行政主導の内部被ばく検査は実施されていません。また、政府は、食物からの内部被ばくを無視できるものとしており、食物経由の内部被曝の測定や計算すらしていません。たとえ暫定基準値以下であっても、放射性物質が含まれた食品を摂取すれば、内部被ばくをするのです。これら内部被ばく問題について、先日、民間団体が、フランスの研究機関に依頼して、福島の子どもの尿の検査を行ったところ、全員からセシウムが検出されました。この子どもたちは、特に放射能に対する危険意識の高い家庭の子どもでした。この内部被ばくが、呼気由来か、食物由来なのか、総被曝量がどれくらいなのかを、早急に検討しなければ、今後の適切な防護措置はとれないでしょう。県内全域の子どもたちの内部被ばく量を測定した上で、権利としての避難を含め、積極的な措置をとることが必要です。

4.さらに、食の問題に関して、政府や行政は、ことさらに、いわゆる「風評被害」との文言を用いて、流通している食材が、あたかも放射能で汚染されていないかのアピールを続けています。確かに、農業等を保護すべき視点を否定はしません。しかし、放射能に汚染されてしまった食材は、流通させることなく国が買い取るなどして、損害を東京電力に賠償請求すべきなのです。また、放射能汚染食材を流通させる大きな要因となっているのが、WHOや他国の基準と比較して異常に高い暫定基準値にあります。暫定基準値は、あくまでも、従来、放射能汚染食品の規制に関する国内法がなかったことから、暫定的な基準として運用されているに過ぎない数値です。放射性物質の流出が止まるまで長期化が予想される現状においては、早急に、安全を確保するための立法をなすべきです。また、現在の運用にも、大きな問題があります。局地的に汚染度が高い地域があるにも拘わらず全品検査が行われていない実情では、検査の網をくぐり抜けて、汚染度の高い食品が流通されることを否定できません。流通している全食品が基準値以下であるとは言えないと、厚生労働省が自ら認めているのです。更に、検査結果には、プルトニウム等のアルファ核種は公表されておらず、検査自体なされていないのです。流通している食材の安全は保証されてはいません。しかし、学校では、強制的側面を持つ学校給食に、福島県産の食材が使用されています。一部の家庭では、不安を感じ、子どもに弁当を持たせていますが、それら少数の子どもたちが、からかわれたり、いじめに遭っている現状があります。本来給食は、学校生活で友人と共有すべき楽しい時間のはずです。この問題は、福島だけの問題ではなく、関東にまで広がっています。そして、農水副大臣は、先日、この問題について、福島産の食材は、給食に使うべきではないと発言しているのです。

5.さらに、教育現場では、直接子どもたちと向き合っている教師の対応にも大きな問題が生じています。ある教師は、保護者に「国を信じられないなら、日本国民をやめるしかない」と発言しました。まるで、戦時中を思わせる発言です。また、不安をあおらないようにとの趣旨で、教師が子どもに対して、友人に放射能についての知識を話すな、聞かれたら嘘をつけと指導しています。今の福島は、そういった異常な教育がされる状況にあるのです。一方で、個人的に放射能対策に問題を感じている教師は、国から安全教育をするよう指導されていることから、子どものためを思った行動をとると、職務規律違反として指導されているようです。

6.放射能の危険性に対しては、住民の間に、大きな温度差を生じさせています。気をつけて生活したい人に対して、「気にしすぎだ」とか、「避難するなんて馬鹿だ」と揶揄する風潮があります。親しかったコミュニティ内に大きな溝が生じ、至るところで不和が生じているのです。そしてそれが、子どもたちの関係にも反映されています。可能な限り放射能の危険から子どもを守りたいという思いと、不安を持たずに生活をさせてあげたいという思いの双方とも、子どもを思うが故の気持ちです。東京電力の原発事故と、その後の行政の対応は、そういった親たち、子どもたちに、深刻な対立を生じさせています。今子どもたちにとって必要なのは、可能な限り被ばくをさせない施策と、安心して生活できる環境の双方なのです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://mamorumatsuyama.blog.fc2.com/tb.php/35-bff223af

大切なお知らせ

twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

mamorumatsuyama

Author:mamorumatsuyama
「放射能から子どもたちを守りたい」私たちは、子どもたちの被ばくリスクを軽減するために活動しています。
給食食材の放射能測定・園庭や校庭の除染などを、行政(市長・教育長)に要望し、3000通の署名を提出しました。
私たちは政治団体・宗教団体とは、一切関係ありません。
「放射能」というものの恐ろしさ、地震国の日本が原発という発電施設を持つことのリスクを理解しないまま、それを見過ぎしてきてしまいました。その結果、起こった原発事故は世界中に放射能物質をまきちらしてしまいました。被ばくによる被害を一番被るのは、子どもたちと若い世代です。一番責任がない世代こそが、被害の最前に立ってしまうこと、申し訳なさ、後悔の気持ちでいっぱいです。
子どもたちは未来に生きるいのちです。彼らを守るのは、私たち世代の責任です。
手をつなぎ、力を合わせて子どもたちを守りましょう! 
ご意見・情報もお寄せください。

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。