スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会傍聴にお越しください

議場は市庁舎3F(東松山市役所の3F)です。
市の議員は21名です【クリック】

お子様連れでの傍聴も今回は可能です!
「お早めに 議会事務局に来てください」
「職員が、議長に その都度、了解をとります」
とのことです。

東松山市議会 初のお子さん連れ傍聴の機会です

お子さんが泣き出したりした際には、一時的に退室するなどご配慮をお願いします。


市議の皆さんの活躍を見学しましょう!
我が東松山市の放射能に対する姿勢を見つめましょう!


(開始時間は、いずれも予定です。お一人の議員さんの持ち時間は70分だそうです。休憩10分をはさんで、次になります。
予定より短い時間で終える場合もあるので、開始時間は あくまで目安にすぎないことご了承ください)


9月21日

13:30
鈴木議員「学校給食(放射能問題)」

14:50頃  
蓮見議員「放射能対策」



9月22日  
 
9:30
小野議員「自然エネルギーと原発」

10:50頃
武藤議員「放射能から子どもを守るには」

15:30
南議員「放射能対策」



9月26日 

10:30頃
関口議員「放射能対策 学校の土壌・給食」



ちなみに、お隣の嵐山町には「ガラス張り 授乳室つきの傍聴席」があるそうです。
進んでいますね~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

傍聴

傍聴させていただきました
勉強になりますね
市役所の3階にあることすら知りませんでした
人任せ、無関心だった自分を反省です
行政の方、議員の方、それぞれの姿勢が伝わってきます
市民の代表として、とても大切なことを決めている場所のはずですが、こっくりこっくりと居眠りされている方が1人や2人ではないのです
とても残念なことです
子ども達の命のことは、一生懸命仕事を全うされる方だけに任せたいです

腹立たしい

こちらのブログを拝見し、初めて傍聴に行きました。
今まで関心がありませんでしたがこれをきっかけに市政に目を向けていかなければ、と思いました。
私も居眠り議員が気になりました。私たちの税金はこの方たちのために使われているんですよね?この実態は傍聴に来た市民しか知りません。メディアを使って国会のようにもっとオープンにならないものでしょうか。仕事をしない議員は必要ありません。
腹立たしくて仕方がありませんでした。

Re: 腹立たしい

同意です。しかし、私たち市民も、やはりなるべく傍聴に行って、議員さんの仕事ぶりをみていくことも必要でると思いました。行くと、いろいろなことがわかりますね。なかなか書ききれなくて、すみません。

引っ越したいです

四才と二才の子どもがいます。小学校に入るまでに、新居を建てようと計画していました。でも、今は転居を考えています。パパの仕事先が西に支店をつくるので、異動願いを出してみます。生まれたときからずっとまつやまなので、随分なやみましたが。除せんも、やってもらえる可能性もほとんどないみたいですし。周りのママたち、無関心派と、かなり情報集めている人と、わかれていますが、知っているママは「まつやまも、子どもには危険あり」不安いっぱいです。転居はしても実家があるので、東松山も、除せんして安心して子育てできるようにしてほしいです。

引っ越したいさま

お子さんが小さいのですね。

さぞご心配だとお察しします。
パパさんの異動願いが出せるとは、うらやましいです。

もしそれが叶いましたら、お子さんのためには汚染の低いところで
安心して子育てできるのが一番ですよね。

東松山も、一日も早く除染し、子育てリスクの低いまちに
していただきたいです。

トラックバック

http://mamorumatsuyama.blog.fc2.com/tb.php/19-1ac9715e

大切なお知らせ

twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

mamorumatsuyama

Author:mamorumatsuyama
「放射能から子どもたちを守りたい」私たちは、子どもたちの被ばくリスクを軽減するために活動しています。
給食食材の放射能測定・園庭や校庭の除染などを、行政(市長・教育長)に要望し、3000通の署名を提出しました。
私たちは政治団体・宗教団体とは、一切関係ありません。
「放射能」というものの恐ろしさ、地震国の日本が原発という発電施設を持つことのリスクを理解しないまま、それを見過ぎしてきてしまいました。その結果、起こった原発事故は世界中に放射能物質をまきちらしてしまいました。被ばくによる被害を一番被るのは、子どもたちと若い世代です。一番責任がない世代こそが、被害の最前に立ってしまうこと、申し訳なさ、後悔の気持ちでいっぱいです。
子どもたちは未来に生きるいのちです。彼らを守るのは、私たち世代の責任です。
手をつなぎ、力を合わせて子どもたちを守りましょう! 
ご意見・情報もお寄せください。

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。