スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光の線量

11月に日光に修学旅行に行く市内の小学校があると聞きました。

でも、日光の線量が高いこと、みなさんご存知ですよね。
親御さんは心配されていないのでしょうか?
教育委員会では「日光市が安全宣言している」から、と言っていました。

さいたま市の親御さんから相談をうけた理科の先生が、自ら日光に出向いて
修学旅行のルートにそって、線量を測ってきてくださいました。

みなさんとシェアします。

____________________________


 9月11日はさいたま市の小学6年生が修学旅行として行く、日光に現地調査に行ってきました。

日光のいろは坂(海抜1171m)
     地上50cm 0.21 5cm 0.32 

明智平(海抜1274m)
     地上50cm 0.28 5cm 0.30
 
華厳の滝の入り口
     地上50cm 0.33 5cm 0.32

華厳の滝 100m下洞窟内
     地表1m 0.08→0.07

華厳の滝 しぶきがふりかかる展望台 自動販売機裏
     地上50cm 0.13 5cm 0.15

華厳の滝 第1駐車場 入口
     地上50cm 0.20 5cm 0.26

戦場が原赤沼駐車場
     地上50cm 0.18 5cm 0.20

戦場ヶ原自動車道 
     地上0cm 0.29

戦場ヶ原自然研究路 
赤沼入口 地上50cm 0.18 5cm 0.20
 
ア    地上50cm 0.17 5cm 0.16

イ    地上50cm 0.12 5cm 0.12 拓けたところ

青木橋  地上50cm 0.10 5cm 0.12

ウ    地上50cm 0.12 5cm 0.11 森

エ    地上50cm 0.12 5cm 0.12 森林の中 クマザサ

オ    地上50cm 0.14 5cm 0.13 谷地坊主

自動車道に出ると、
光源入口 地上50cm 0.16 5cm 0.16

道路にふりつもっているらしい 地上1mでは風が吹くと 0.18~0.20

光源 自動車道 地表1cm 0.21→0.26→0.29→0.26

三本松園地展望台
     地上50cm 0.20 5cm 0.25

 ちなみに登りのいろは坂は、自家用車内で、カーブ1~20 0.17→
?→0.18→0.19→0.17→0.16→0.15→0.18→0.18→
0.18→0.18→0.16→0.16→0.19→0.20→0.20→
0.18→日光いろは坂(海抜1171m)→0.13→0.14→0.14→
明智平(海抜1274m)

 小学生が行くべきところではありません。

        内部被ばくを考える市民研究会      
        http://www.radiationexposuresociety.com/ 

_____________________________

こちらの10ページ目をご覧ください。
これが栃木県の汚染状況です。
セシウム134とセシウム137の合計蓄積量です。
文科省発表 栃木県航空モニタリング


すでに3月の大量放出で、相当に被ばくしている子どもたちを、
あえて線量の高い地域に、「教育活動」として連れて行くことが
適切でしょうか?

なかなか変更できないのは理解できますが、非常時ですから
少し先に延期するなどして、行き先を検討したほうが安全・安心と
思いますが、どうでしょうか?



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://mamorumatsuyama.blog.fc2.com/tb.php/17-ce331f08

大切なお知らせ

twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

mamorumatsuyama

Author:mamorumatsuyama
「放射能から子どもたちを守りたい」私たちは、子どもたちの被ばくリスクを軽減するために活動しています。
給食食材の放射能測定・園庭や校庭の除染などを、行政(市長・教育長)に要望し、3000通の署名を提出しました。
私たちは政治団体・宗教団体とは、一切関係ありません。
「放射能」というものの恐ろしさ、地震国の日本が原発という発電施設を持つことのリスクを理解しないまま、それを見過ぎしてきてしまいました。その結果、起こった原発事故は世界中に放射能物質をまきちらしてしまいました。被ばくによる被害を一番被るのは、子どもたちと若い世代です。一番責任がない世代こそが、被害の最前に立ってしまうこと、申し訳なさ、後悔の気持ちでいっぱいです。
子どもたちは未来に生きるいのちです。彼らを守るのは、私たち世代の責任です。
手をつなぎ、力を合わせて子どもたちを守りましょう! 
ご意見・情報もお寄せください。

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。