スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを統合いたしました

2012年6月22日まで、こちらのブログは「放射能から子どもたちを守ろう 東松山」の名称で管理しておりましが、2012年6月23日より「子ども未来・東松山」へ改名いたします。

放射能から子どもたちを守る活動をし、かつ講演会開催団体でもある「子ども未来・東松山」のブログ(http://higashimatsuyamanet.blog.fc2.com/)へもこのブログと同内容の記事をUPしており、内容が重複しますのでこちらのブログに統合いたします。

よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

東松山市 給食の測定が始まっています

保育園及び小・中学校給食使用食材の放射性物質事前検査の実施

検査方法

測定方法 NaIシンチレーション検出器によるガンマ線測定
測定機器 ベラルーシATOMTEX社製AT1320A
測定場所 東松山市学校給食センター
対象施設 公立保育園・民間保育園・学校給食センター・埼玉学校給食(株)
対象品目 原則、保育園(注1)及び学校給食で提供する献立ごと(注2)
測定項目 放射性セシウム134・137
検出限界 20ベクレル/キログラム(20ベクレル/キログラム未満は「検出せず<20」と表示します)
測定方法 提供する献立ごとの食材を1リットルのマリネリ容器に試料を入れ、それぞれ測定します
結果公表       
学校  学校給食の結果については、給食を提供する時間前までに市ホームページ で公表します
保育園 保育園給食の結果については、各保育園で公表します


 教育委員会で実施する事前検査で1キログラム当たり20ベクレルを超える数値が検出された献立は、園児及び児童・生徒には提供しません。

(注1)保育園では、昼食及びおやつに使用する1日分の食材(油脂類・調味料を除く)を1つにし、測定します。公立保育園では毎日、また民間保育園については7園を2グループに分けて隔週ごとに実施します。

(注2)小・中学校で食する主食の食材(ご飯・パン・麺類)については、契約先である(財)埼玉県学校給食会において、地場産のキヌヒカリ及びパン・麺類に使用される小麦粉につき放射性物質検査を実施済ですが、念のため学期ごとに1回程度、また牛乳についても同様の頻度で検査対象とし実施します。また、ハンバーグやさかなのフライなどの単品はそれごとに、汁ものやサラダなどは、おかず単位を基本として測定します。

(注3)加工品のゼリー・チーズ・ヨーグルト等は測定対象外とします。


学校給食用食材の産地について

給食の測定、産地の公開をありがとうございます。
とても感謝しています。
でも、私たちは、この測定方法ではせっかく高性能であるAT1320Aの能力が活かされていないと思っています。
提供する献立ごとの食材=例えば「肉じゃが」であれば、肉じゃが丸ごとをミックスで測定しているということです。
現実的に、ミックスしたら20Bq/kgも出ません。
それなら、1日1種類でも単品でじっくり測定してみればどんな食材から検出されやすいのかが分かってきますし、もし検出されたのならありのままの結果を私たちは知りたいです。
いい機種を購入していただいたのですから、どうか有効活用してください。

大切なお知らせ

twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

mamorumatsuyama

Author:mamorumatsuyama
「放射能から子どもたちを守りたい」私たちは、子どもたちの被ばくリスクを軽減するために活動しています。
給食食材の放射能測定・園庭や校庭の除染などを、行政(市長・教育長)に要望し、3000通の署名を提出しました。
私たちは政治団体・宗教団体とは、一切関係ありません。
「放射能」というものの恐ろしさ、地震国の日本が原発という発電施設を持つことのリスクを理解しないまま、それを見過ぎしてきてしまいました。その結果、起こった原発事故は世界中に放射能物質をまきちらしてしまいました。被ばくによる被害を一番被るのは、子どもたちと若い世代です。一番責任がない世代こそが、被害の最前に立ってしまうこと、申し訳なさ、後悔の気持ちでいっぱいです。
子どもたちは未来に生きるいのちです。彼らを守るのは、私たち世代の責任です。
手をつなぎ、力を合わせて子どもたちを守りましょう! 
ご意見・情報もお寄せください。

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。